FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運動会

 「放射能はもう出ていない。」
 「半減期は過ぎた。」
 「安全。」
 
 という説明を受けて、運動会は「実施」となりました。
 小雨降る中「安全」と言われて皆びしょ濡れになっての運動会でした。
 
 
スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

放射線量

 福島原発事故の影響で生活のいろいろなところに支障が出てい……るはずが、徐々に平常の生活に戻りつつあるようです。
 まるで放射能が薄まっているかのように。まるで放射能への耐性が高まっているかのように。
 先日、県内の全小中学校で放射線量を測定しました。
 想像を超えて高い線量を記録した小中学校がありました。
 1マイクロシーベルトを大きく超えています。
 年間の被曝量に換算したら、10ミリシーベルトに近づく値です。
 ぼくの感覚では「とても大変なこと」なのですが、「健康への被害はありません」という台詞が出てくるのには驚かされます。
 将来、健康被害が出たら誰が責任をとるのだろう。
 誰も責任をとらないのなら、自分で自分を、自分たちを守らなければならないのでしょうか。
 

テーマ : 地震
ジャンル : 日記

放射能

 勤務先の地域の役場で放射能の濃度を測定して公表していますが、勤務先で実際にはかっている放射能の値とかなり差があります。
 理由は単純で、公表されている値は、庁舎の屋上で測定したものであって、いわゆる大気中の放射能であ
るのに対して、勤務先での測定は地上50センチメートルのものだからです。
 ここ数日、勤務先での放射能の値が上昇しています。
 屋上の約3~4倍の値なのですが、それは1時間あたりの数値であるため、24倍して365倍してみました。すると、5000マイクロシーベルトを超えました。
 1年間に5ミリシーベルト。
 とても危険だと感じているのはぼくだけではありません。
 

テーマ : 地震
ジャンル : 日記

誕生日

 息子が高校1年生になりました。
 
 ぼくはその頃、時間は無限にあるものだと疑いもしなかった。
 いや、意識すらしていなかった。
 未来を信じていた訳ではないけど、変わりない明日が来るだろうことを疑う考え方を持っていなかった。
 
 奨励会員の多くは時間をどう考えているのだろう。
 対局中の時間。人生における時間。
 
 少なくとも僕よりは密度の濃い時間意識の中にいるようです。

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。