FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記号 BA-90

脱力系の顔記号です。
「ランキング」上位者のブログを巡っていたら出会いました。
暑い夏にこの記号と出会うと暑さを一瞬忘れます。
緊迫した試合の最中この記号に出会うと無駄な力が抜けていきます。
だらだらとやる気のないときにこの記号に出会うと、さらにやる気がなくなる上にそれで良いんだといった達観したような心境に自分を押し上げることができます。
行き詰まった人にぜひ!
スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

ランキング

 ランキングというのがあって、303位でした。
 毎日変動するようです。

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

産経新聞(栃木版)に掲載

 大田原小学校の活躍が産経新聞で紹介されました。

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

文部科学大臣杯東日本大会

 「普及推薦」枠での出場ということもあり、何となく「おまけ的」な大会の感がありましたが、出る以上は力を尽くそうということで練習を重ねて参加しました。
 結果は3位。
 もう一つ勝てば8月の準決勝・決勝戦にも出られたのですが、それは「できすぎ」というモノです。
 予選は、8チームによるリーグ戦ですが、同じ勝ち星同士の対戦が組まれるため実質スイス式トーナメントの様相でした。3試合全勝したチームが予選1位で決勝トーナメントに進むことができます。同じ2勝1敗でも、初戦に勝っての2勝1敗と初戦を落としての2勝1敗では内容が違うともいえそうです。

 第1試合、最初に対局が終わったのはNさんでした。が、勝ったのか負けたのか応援席のぼくには分かりません。続いて終わったのはOさんでしたが、これまた勝敗は不明。「おい、教えてくれよ!」と応援席から熱い視線を送るのですが気づく様子はありません。
 そのうちに、相手チームの子が応援のお母さんにバッテンマークを出しているのを見て、「あぁ、勝ったのか」と納得するような状況。
 依然対局が続く愛でしたが、この時点で2つ勝っているのでチームの勝利は確定。
 「なんか、勝っちゃいましたね。」と喜んでいるさ中、愛が終局。
 負け。
 ちなみに、相手チームには某プロ棋士のご子息がいました。3人ともプロ棋士の指導を受けているとのことで、負けを覚悟していたのですが…

 第2試合。事前の観察から、めちゃくちゃ強い子がいるらしいことが分かっていたのですが、その相手が自分だと分かって落胆する愛。
 「やだな。3連敗したらどうしよう。学校に行ったら『どうだった?』って聞かれるし、そしたら『負けた。』って言わなくちゃいけないし、やだな。」
 「『どうだった?』って聞かれたら、『がんばったよ!』って答えたら?」
と言ってみたのですが、納得いかない様子でした。
 その愛が、開始して10分たった頃手を挙げました。
 審判長のT先生が来て何やら話しています。相手の子にたくさん話をして、愛に少し話をして、また相手の子にたくさん話をしています。
 「何かあったのかな? たぶん、反則か何かかな?」
 と応援席で話していたら、案の定反則があったようでした。
 直後、愛が複雑な表情で指で○を見せたので、とりあえずはほっとしたのですが、Nさんが時計を止めて挨拶をしました。
 「勝ったのかな? 負けたのかな?」
 謎。
 愛を見るとバッテンを作ったので、1勝1敗。チームの勝敗はOさんにかかっています。 
 愛に様子を聞くと、「負けてる」とのこと。
 「残念だけど、3局目が楽しく指せるから満足しよう。」というN先生の言葉にほっとしました。
 ところが、終盤に差しかかった頃、愛がやってきて「なんか勝てるかも。」
 沈黙していたクリスマスツリーに一斉に灯が点ったような印象! いや、夏ですけど。
 詳細は分かりませんが、そのままOさんが押し切って勝利。
 2勝1敗で2連勝。

 「いやぁ、さすがに次は勝てないでしょうねぇ」とか言いながら応援していましたが、N先生は次の決勝トーナメントの日程調整をしていました。
 「いや、無理だって。予選リーグ突破はあり得ないから。」と思いつつも、「勝っちゃったら奇跡ですよね。」とぼく。
 第3試合。その奇跡が起きてしまいました。
 Nさんが負け、愛が勝ち、1勝1敗で、またもや勝敗の行方はOさんの肩に。
 相手は強豪を多数輩出しているA県のチーム。事前の情報では4段であるらしいその子を相手にOさんが果敢に挑みます。
 ここまで負けなしのOさんですが、さすがに4段が相手ではきついだろうなぁ、と思っていました。当然相手もここまで2連勝のチームですから弱いはずがありません。
 ところがなんと何と、勝ってしまったではありませんか。
 2勝1敗、予選リーグ突破。
 スター選手のいないチームがあれよあれよの快進撃です。すべて2勝1敗というのが「らしい」と言えば「らしい」のですが。

 取り敢えず、東日本大会ベスト4が確定。
 続く決勝トーナメント戦で1つ勝てば、8月19日の東西決勝大会に出られます。
 が、さすがに奇跡もここまででした。
 Dブロック1位のT県代表に0勝3敗の完敗を喫しました。
 
 ・・・・・







テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

練習

 愛は相変わらずの忙しさで、陸上・ソフトボール・綱引き・将棋と練習が続きます。
 少しは手伝わなければということで、ソフトボールの練習に顔を出しました。
 バッティング練習をしたいということで、ぼくがボールを投げました。久しぶりに投げまくったので前進筋肉痛です。
 

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

文部科学大臣杯

 7月29日、文部科学大臣杯東日本大会が東京で行われる。
 愛たちも出場することになった。
 愛の通う学校の東門の横に大きな横断幕が飾られている。
 岳が出場したときや愛が1回目に出場したときには何も無かったことを考えると、その意識の変わりようが見て取れておもしろい。将棋に対する理解というか認識が高まったということだろうか。
 
 今日は、陸上の練習もあった。その後綱引きの練習。さらにその後将棋の練習。
 愛は大忙しだが、一番力を入れていたソフトボールの県大会決勝戦が今日であることを考えると何とも複雑な気持ちになる。

 夕方、カニを捕りに行きました。

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

もうひとつ郡大会

郡水泳大会に光がでました。
 5年生以下50メートル平泳ぎ、5年生以下50メートル自由形、50m×4メドレーリレー、50m×4自由形リレーの4つ。
 3年生にしてはがんばったと思います。
 
 岳は奨励会。
 ○○●
 3局目を逃したので昇級は次回に期待することに。

 愛とchieは県大会の「見学」→綱引きの練習→ソフトボール部(6年生)の懇親会

 光は6時からスイミング練習。8時まで。

 ぼくはお留守番です。

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

郡大会

 娘たち6年生にとって最後の大会になる郡大会は、2回戦敗退でした。
 エラーが多く、残念な試合内容でした。
 理想を語る前に当たり前の指導をしてあげたらいいのに。難しいプレーを練習する前に、正しくキャッチボールができるようにしてあげたらいいのに。一つのボールに全員が集中することを教えてあげたらいいのに。
 自分の技術に不安があるなら、納得するまで練習をしたらいいのに。努力をすることは恥ずかしいことではなくて、いいことだと教えてあげたらいいのに。階段を1段1段のぼるように、上達の課程を構造化して、選手にも指導者にも明確化されたステップを提示してあげればいいのに。
 指導ということに対してあまりにも素人過ぎる集団の、オモチャになってしまっていたような気がします。
 

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

第33回JOCジュニアオリンピック夏季水泳競技大会県予選会

 今回は自由形50メートルと平泳ぎ50メートルでのエントリーです。
 
両方とも自己ベストが出ました。が、標準記録には届きませんでした。
 自由形…34秒92
 平泳ぎ…44秒72
 
 飛び込みとターンが滅茶苦茶ですが、その分伸びしろがあるということで…
 

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

誕生日

 プレゼントは石鹸。
 ヨモギとお茶とオリーブの石鹸3つ。
 これできれいになってください。

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

負け

 いいところなく負けました。

 続く敗者復活戦も、負けました。
 立ち上がりこそ緊迫した展開でしたが、徐々に力の差が出て、完敗でした。
 最終回、愛のヒットから2点を上げ、一矢報いる寸前までは行きましたが、力及ばず。
 全体会で接戦の末勝った同じチームに負けたのは、明らかに対策の違いであったと思われます。
 スタッフの能力差がそのままチームの上達の度合いに表れました。
 娘のチームは、伸びていません。
 いつも通り。エラーで負けました。
 エラーがエラーを呼び、失策が重なります。
 最悪のパターンです。

 それでも、愛は一生懸命投げ抜きました。
 最後まであきらめず、自分にできる仕事を一生懸命やり遂げました。
 親とは違ってたいしたやつです。
 おどろきました。
 
 次は郡大会。
 最後の大会です。
 ぼくは仕事で応援に行けませんが、愛には精一杯がんばってほしいと願っています。

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

県大会予選

 明日は愛の県大会予選会(ソフトボール)があります。
 1回戦はSクラブ。勝てばおそらく全国大会に出場したKエンジェルス。ここに勝たなければ県大会には出られません。
 チームのエラーが3つ~4つくらいにおさまってくれれば良い勝負ができる気がします。
 ヒットやファインプレーを願うのではなく、エラーが少ないこと(ゼロではない!)を願うなんて、情けない話です。
 せめて、普通に練習をしてくれれば! 可能性が100倍くらいに広がるのだけれど…
 残念です。

 普通の練習ができないのであれば、普通の試合をしてほしいものです。
 
 送りバントができる。
 凡打をきちんと処理できる(内野ゴロ→1塁アウト)。
 バントや内野ゴロのときに3塁ランナーは安易にホームに突っ込まない。
 異様に偏ったシフト守備をしない。
 サインを間違わない。(出すがわ)
 連続してエラーをする選手を内野手として使い続けない。
 正面のゴロを避ける選手を内野手として使い続けない。
 試合の重要な場面で、バントかヒッティングかを選手本人に聞いて希望通りにする…ようなことはしない。
 1試合平均12三振(5回まで)とるピッチャーに、「仲間を信じて!」と安易なアドバイスをしない。(1試合平均2桁エラーの守備)
 
 ピッチャーは、雨の日の試合のための練習もしています。(水で濡らしたボールでのピッチング練習)
 明日、試合の途中から雨が降れば… なんてことを考えるのはやめましょう。
 最高のコンディションのもと、全力で試合ができればと願っています。 

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。