FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴジラ

 ハリウッド版ゴジラ。
 前回の石橋強のあごのようなマグロ大好きなイグアナゴジラとは違って本家本元に近い感じの造形に仕上がっているようです。
 新怪獣も登場するようです。
 ラドンか?! と思わせておいて実は昆虫型の番い怪獣でした。
 ラドンにでたメガヌロンみたいな立ち位置なのかと思いきや、「フランケンシュタインの怪獣」のバラゴンみたいな役割なのでしょうか。いや、ガイラか。
 番い、夫婦怪獣と言えば、シーゴラスとシーモンスがぼくの中では有名です。確か、あだ名は津波怪獣。
 そういえば、今度のゴジラには津波のシーンがあるようです。
 原発も。
 日本では作りにくいことを堂々とやってくれてます。
 それにしても、原発のある都市名、何とかならなかったのでしょうか。

 で、ゴジラ。
 かなり大きい。
 そして怖い。
 恐い。
 ゴジラは善でも悪でもなく、ゴジラなわけですからゴジラの原理で破壊するのです。
 
スポンサーサイト

「プロメテウス」

 先々行上映に行ってきました。
 3D
 映像はとてもきれいでした。
 ストーリーのテンポもよく、124分間ずっと集中して鑑ることができました。

 ただ、科学者でもある宇宙飛行士たちの行動が軽率で、アリエナイ感満載の映画でもありました。
 リアルと荒唐無稽とのバランスがとれているとさらに見やすかったのでは。

 「遊星からの物体X」もそうですが、映画は前日譚流行りになっていくのでしょうか。
 

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

「おおかみこどもの雨と雪」

 家族で見てきました。
 久しぶりにいい映画を見ました。
 
 どうしても犬神明のイメージというか、影が頭から離れません。
 

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

アリエッティその2

 小さな世界でお茶を飲むと、液体が表面張力の影響で球になってしまって簡単に注ぐことができません。
 科学的な検証というか、正確であろうとする世界観がおもしろく感じました。
 でも、中途半端な感じがしました。
 科学・物理の壁をもっと描いてほしかった。空想科学研究所主任研究員、柳田理科雄氏の登場かもしれません。
 
 ジブリ作品の批判って、「私は子どもが嫌いです。」って言うのと同じくらい世間受けしないような気がするのは気のせいでしょうか。
 そういえば昔、「宇宙戦艦ヤマト」の批判めいたことを言っては得意になっている友達がいて、一緒になって矛盾点やトンデモなところを語っては楽しんでいましたが… 12月にやるんだよねぁ、ヤマト(実写版)

 




 アリエッティたち小さな人たちのトイレって、どうなっているんだろう?
 

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

「借りぐらしのアリエッティ」

 冒頭は、トトロの出てきそうな田舎の風景。ネコが見つけた何かを少年が発見するシーンはあまりにもあっけなく、「見られてはいけない」という掟をいきなり破ってしまっています。
 いろいろと書きたい気もするのですが、深い感動がないため空疎な感じがします。
 物語の一部分を切り取って見せてもらったような、物足りなさが拭えません。
 人間の普通の生活の状況が、アリエッティ達には冒険・サバイバルになる。丁寧に描かれていて確かにおもしろさはあるのですが、二番煎じ的な感じが残ります。トイ・ストーリーやニルスの世界だし。
 翔くんも透明な感じしすぎ。
 ハルさんを見ていると、共感するわけではないのですが、「人間をばかにするな」って思ってしまいました。
 期待が大きかっただけに、がっかりしました。隣に座ったカップルの、やたら解説調の会話もうるさかったし。
 

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。